看護師の給料体制

看護師は資格をとりやすく高収入。
看護学校の努力の賜物ですね。

看護師も今では、男性の方も増えてきています。看護師は女性の職業の中でも高収入を得られる職業でした。
看護師の収入は、一般の男性のサラリーマンと年収を比べると平均よりちょっと上回ると言われています。
これは、常勤看護師の夜勤手当があるためです。
夜勤は月平均4回、1回の平均手当は15000円なので6万円上乗せされる。
さらに25%増しの残業代を40時間プラスするので、月収30万円以上になります。
一般の女性の方の平均的な年収は200円位と言われていますが、
看護師はそれを大きく上回る400万円位もらっています。
これは、ボーナス込となっています。

看護師には、資格の種類として准看護師と正看護師があります。
看護師は、資格の違いで収入に差がでます。(准看護師の給与&転職事情
准看護師は、正看護師の2割少ないと一般的に言われている。
しかし、仕事内容は同じです。

准看護師のデメリットは、看護協会の認定試験・研修に参加できないことです。
地方自治体で資格をとっているから、全国規模で対応している認定制度に当てはまらないのでしょう。
転職は正看護師同様に動けますし、むしろ准看護師が人気な場合もあります。
制度を逆手に取ると、准看護師が多いということはドクターが適正に常駐しているということでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です